2021年度新入社員研修②

文学部人文学科出身/M.N
2021年4月入社

  1. 研修内容
  2. 社会人初期研修、SE業務基本研修、言語研修 など

  3. 感想
  4. 入社前に私が抱いていたIT業界のイメージ

    IT業界というのはプログラミングができなければ話にならないというイメージがあり、大学などでプログラミングを履修していないと入れないものだと考えていた。

    特に私は文学部人文学科を社会学専攻で卒業し、数学すら縁遠いところにいた。

    そのため、会社が文系学部出身者にも門戸を開けていたとしても、果たして私は会社に貢献できる人材足り得るのだろうかと不安を抱いていた。

     

    ー研修を通してIT業界を考えるー

    結論からいえば、実際に研修を受けてからふりかえると、その不安はかなり小さくなったように思う。

    研修内容と取り組みについて

    研修では社会人マナーや財務会計、ビジネス文章の書き方などいろいろあり、その中でもIT技術に関する研修項目をあげると、Webシステムの構造やJavaなどのプログラミング言語がある。ここでは簡単なプログラムを書いて実行できるようにすることに取り組んだ。

    学びと不安

    それまで全く学んだことのない学問分野だったため、社員の方が何気なく使った言葉の意味がわからないことも多くあり、最初は「わからないことがわからない」状態で、非常に不安だったことを覚えている。

    分からないことが分かるようになる

    研修ではJavaをテキストベースで学んだ。わからないことは自分で調べ、それでもわからないことは質問したり、解釈が合っているか確認したりする。
    そうして、「わからないことがわかる」ようになり、時間はかかりつつも内容を理解して簡単なプログラムを書くことができるようになった。

    インターネットで調べながらであれば、JavaかVBAを使ったプログラムや、HTMLとCSSを使ったWebページなら、今ではある程度作成できるようになった。

    弊社独自の研修教育と自ら積極的になること

    ここまで未知の分野を身につけられたのは、社員の誰に質問しても答えてくれたことも大きい。
    他方では、わからないことを理解するために自分なりに積極的に動くことで、大学で全くプログラミングに触れていない人でも成長することができると実感している。

     

    ーOFFJT研修について思うことー

    弊社では入社後2ヶ月をOFFJTによる研修期間としている。プログラミングなどに初めて触れる身としては、OFFJTでの研修であったことは非常にありがたいと言わざるを得ない。

    OFF-JT研修のメリット

    OFFJTは、会社にとって直接の利益にはつながらないものの、実際の業務のなかで研修中の人間がミスを犯して多大な損失を生んでしまうこともない。

    実際に研修を受けた私たちとしても、小規模のプログラムの作成を通して、プログラムのどの部分が全体の中でどのような役割を持っているか、理解しつつプログラムを組むことができる。また、自分の思うままにプログラミングを試み、想定していない動作やエラーの処理を通して理解を深めることができる。

    OJT研修の危険性

    実際の業務の中での研修であれば、大規模なプログラムの一部を、それが全体の中でどのような役割を果たすのかわからないまま書くことが想定される。また、プログラミングに慣れない研修者が、ミスを恐れて正解らしきものを丸呑みしていくかのような表面的な理解をしてしまう可能性も大いにあるように思う。

    以上の経験や恐れから、OFFJTは非常に重要な経験を積むことができる期間と言える。