採用メッセージ:システムエンジニア、プログラマー、データサイエンティスト、人工知能エンジニア

採用情報

メッセージ・・データサイエンス・AI領域の取り組み

採用に関するメッセージ弊社は社員の個性と夢を大切にし、社員一人ひとりが健康で、ある程度豊で、 仕事に燃え、苦しみと感動を体験し、自分が成長していることを実感でき幸せを感じることのできる企業を目標としています。

私たちは電力、教育、製造、医療、総合通信、私学などの分野でシステム開発を 行っていますが、2020年から小学校で プログラム教育が必修になる予定です。学校教育でITの思考力を身につけた人達が社会に出る頃にはITの 技術水準も格段にあがることでしょう。 プログラミング塾などにより既にその兆候は出現しています。弊社は、時代の変遷の中でスピード感を持って、15年以上に渡って蓄積 してきたIT技術に統計学や機械学習などの要素技術を採り入れて、【データ分析・人工知能】事業に軸足を移して製品造りを行っています。

業務系 IT システム開発といえば一般には、業務知識、分析、設計、製造、テストなどの工程の中で 設計技法や DB の他に Java .NET などの言語経験を問われます。
しかし、私たちにとっての言語は、要素技術の中のひとつです。私たちの強みは言語、データベース、フレームワーク(TensorFlow、Chainer)、ツール(Azure Machine Learning他)、インフラ構築保守技術、データサイエンスとりわけデータ収集技術、分析技術、数理統計学や経済学さらに機械学習や深層学習などといった要素技術を蓄積していることにあります。これらの要素技術体系の中で、一人ひとりが適性に応じてそれぞれ得意分野の専門を身につけ個々の専門を束ねたチームとして課題に取り組んでいます。

弊社は少数精鋭でも、社員個々が前記の専門技術を有しているために毎年確実な事業収益をあげ盤石な財務基盤を築いています。
このことを可能にしているのは、弊社の研修教育と一人ひとりの学びにたいするおしみない支援です。
この財務基盤をもとに、システム開発やAIアルゴリズム開発にとり組んで参りました。

データ分析やAI事業については研究開発に留まる企業が多い中で、弊社はこの分野でも事業収益を上げています。
このデータ分析・AI分野をさらに拡充して参ります。

ITCのデータ分析技術、人工知能技術

データサイエンスや人工知能(AI)領域は物事を解決する楽しみがあふれている分野です。
顧客ができないとあきらめていた課題を私たちの力で解決することはやりがいのある仕事です。
解決までのプロセスをひと言で書けば(少々乱暴ですが)、
課題の明確化(何を求めるかを明確化)をおこない、課題に対するデータを収集して、データを使えるように整えます。次にデータの持つ特徴量を抽出します。抽出した特徴量の検証をおこない妥当であれば辞書化をおこない新たに入ってくるデータで辞書の学習をおこなうと共に入ってきたデータの判定をおこない結論に導きます。
これらの一連のプロセスを自動化することで人工知能化していきます。

成功に導くには手法と共にデータに対する造詣が重みを持ちます。失敗もありますが、必要なことと捉えています。失敗の上に辞書化と自動化がなされているからです。 データ操作技術の失敗から学びそれらの集積が人工知能化へ繋がって私たちの財産を形成しています。

ITCの要素技術(IT技術、データ分析技術、人工知能技術)

重要なことは考える力です。それが企画力に繋がります。
弊社にとって、目指していただくのはエンジニア(システム、データ分析・人工知能、コンサル)領域です。
そこでは、新しい思考を身につけたあるいは身につけられようとされているみなさまを必要としています。今、私たちは統計、経済、心理、情報工学に加えて、物理、化学、農学、生物学などの専門を身につけられた方を必要としています。
夢と希望が、一過性に終わることなくSociety 5.0を走る私たちと一緒に【専門性を活かせる事業】に取り組みませんか。
皆さまからのご応募をお待ちしています。