分析・AIとビジネス系ソフトウェア開発の融合

岡山県岡山市北区本町

ご挨拶

社会のあらゆる課題にAIを実装することで最適解をご提供

株式会社アイティーシーからのご挨拶

弊社は情報技術を複合的に融合してお客様の課題に対する最適解を提供する、物づくりの会社です。
創業から今日に至るまで、お客様に恵まれ皆様に信頼されて今日を迎えることができています。
お客様および関係者の方々に心より感謝申し上げます。

弊社は従来型のソフトウェア開発と並行して、ずっと以前から統計的手法を用いたデータ分析(Data Analytics)も行って参りましたが、コンピュータ・アーキテクチャの急速な進化によりビッグデータ処理に適したハードウェアの低価格化や機械学習ツールを中心とした新しいAIアプリケーションが次々と生まれており、データ活用に利用価値が生まれやすい実社会になって開発環境も整って参りました。
そのような状況の中で、弊社は2015年春から本格的に機械学習ツールを道具としてデジタルマーケティング領域や労務管理分野でデータ分析(DA)・人工知能(AI)アルゴリズムプロダクト開発に事業として取り組んで参りました。

弊社の強みは、発想力とプロフェッショナルな技術力と人間性がもつチーム力にあります。
所有する技術はハードウェア、ネットワーク、セキュリティ、設計技法、プログラミング技術などのソフトウェアエンジニアリング、業種毎の業務知識や業界固有の専門知識に加え、機械学習や深層学習ツールとそれを扱うAIアプリケーションと分野毎に必要となる経済学、心理学などの専門知識です。
もうひとつは、技術力とともにメンバー人ひとりが持つ温かい人間性です。
謙虚さを失わない心、ディスカッション後の相手の意見を尊重する心、お互いを高め合える心、貪欲な勉強心、 この技術力と人間性とチームワーク力でアルゴリズム開発に新たな価値を生み出し、お客様の課題に高精度な最適解をご提供するとともに、お客様がAI導入するにあたりそれらのサポートをして参ります。

弊社の目指す事業領域は二つあります。
一つは、従来型のビジネス系ソフトウェア開発とDA・AIを融合することで新たな価値を創出することです。 従来型のソフトウェア開発技術力をさらに高めてDA・AIと融合させ、新しい開発手法や新しいアプリケーションを開発し、お客様の利益に貢献して参ります。
二つ目は、少子高齢化が進み労働人口の減少により労働力不足が深刻化してさまざまな縮小化現象が深刻な問題を引き起こしています。 また、毎年発生する大災害に対して事前予知があれば、もっと早い段階での災害に対する備えができるのではないかと考えています。 そこで、DA・AIプロダクト開発を従来のデジタルマーケティング・労務分野に加えて人口減少問題に対応する取り組みに拡大するとともに、近年の災害対策の一手段としてインフラ評価システム(災害予知や岩盤強度他さまざまに応用可能)の深耕に取り組み、社会的な課題に貢献して参ります。

そのために、優秀なメンバーの輪を広げて組織体制と専門領域を拡大し、さらなる社内教育研修体制の強化を行い、DA・AIのプロフェッショナル集団としてお客様および社会に貢献することで私たちの責務を果たして参ります。

今後とも皆様のご支援ご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社アイティーシー
代表取締役 三宅 政寛