募集概要 データサイエンティスト・システムエンジニア

採用、新卒、キャリア

弊社へご入社を検討されている皆様へ

株式会社アイティーシーはこんな仕事をしています データ分析(ビッグデータ)・AI製品の開発 弊社のアルゴリズムはマーケッティング、インフラ整備計画評価システム、労務管理の見える化などで稼働しています。 インフラ整備計画評価システムは防災や橋梁などの岩盤評価に利用します。 大規模なシステム開発 電力や教育関係および製造などのプロジェクト分野でとりまとめから開発運用まで一貫しておこなっています。 特に上流工程における立案や業務分析では業務知識と業界固有の専門知識を有しており弊社がプロジェクトの 中心的な役割を果たす場面が多くあります。さらに、SAPシステムなどの開発にも参画しています。 クラウド上で稼働している勤怠管理システム 弊社の勤怠管理システムは労務データの特徴を抽出して働き方が図表示されるなど見える化されており、顧客の 働き方の改善に役立っています。 クラウド型とは別にオンプレミス型といってお客様が単独で導入できるサーバー/クライアント方式もあります。 みなさんに取り組んでいただくお仕事内容 「2022年新卒 募集要項」にあります。 こちらもご参考ください。 メッセージ - 従来型ITから先端ITに向けての取り組み

職場環境

私たち技術者にとって仕事の性質上、長時間にわたる精神的集中力は大きな負担となって作業効率が低下します。 それを和ませてくれるのが職場の隣を流れる西川緑道公園です。 西川緑道公園は南北に流れる西川を挟んで両側に春夏秋冬四季折々の移り変わりを肌で感じることができる木々や観葉植物を楽しむことができます。 疲れたときほんの数分外に出て西川の空気を吸うことで気分がリラックスできまた、仕事に精を出すことができ能率向上は間違いなしです。
西川緑道公園

特徴・社風について

ITC社員

要素技術(IT技術、データ分析・AI(人工知能))を活用し、顧客の課題に対する最適解を提供しています。 事業領域は、製造、電力、教育、小売・飲食、医療、社会インフラです。 特徴 弊社の特徴は地方にあって、データ分析(ビッグデータ解析)・AIアルゴリズムの開発をコアとしたシステム開発から導入までおこなっている会社です。 ○誇れる技術力がある ○チャレンジできる環境がある ○実力・成果が評価される ○幸せを実感できる 社風 社員の個性と夢を大切にする企業文化が根付いています。 各人が生きがいのある人生を送ることが社会の発展に繋がると考え、全社を挙げて、一人ひとりの成長をサポートしています。 社内では残業時間の管理をはじめ、有給休暇の取得を奨励しています。 専門分野の拡充 少数精鋭でも、毎年確実な事業収益をあげ盤石な財務基盤を築いています。 その礎は、研修教育と個々の学びを通して、一人ひとりがコンピュータスキルに加えて統計、経済、心理、情報工学など 高度なスキルに裏付けされた専門性を有しておりそれらの専門性を活かしているところにあります。

社員の声

株式会社アイティーシーの社員の声1
M・Y 2018年4月入社(新卒)

大学ではどのようなことを学んでいましたか?

自然言語処理に関する研究をしていました。 その過程として、機械学習に関しても興味を持ち勉強していました。

ITCへの志望動機は何ですか?

地元である岡山で機械学習に携わりたかったからです。

現在どのような仕事をしていますか?

WEBデザイン系の仕事と、降雨量分析AIやインフラ整備計画評価AIアルゴリズムの開発をしています。

技術力に対する取り組みはどのようにしていますか?

技術に関しては本を読んで収集することが多いです。 そして、簡単なものを実際に作って、本から得た技術を使います。 技術は使って覚えるのが一番です。

研究で学んだことが今の仕事に活きていますか?

活きています。 機械学習に関する技術はもちろんですが、自分の作るもの・作ったものが信用に足ると証明するための手法を学べたのが僥倖でしたね。 仕事で自分の技術を使うことは、自分の技術に金銭的な価値を付与することです。 そして私達技術者には、その技術に対する価値を証明する責任があります。 そのためには、とても大事な手法です。

仕事に対する目標を教えてください。

最先端の技術を普段の生活にすぐ反映させることです。 昨今の技術革新は本当に目覚ましいんですが、一般的に使われるようになるまでには、金銭的なリスクなどで、まだ時間がかかると思われるのが問題です。 私は、最先端の技術が、それを求めている人の手ですぐ使えるようにしたいです。 そのためにも常に最先端を見据えて、あわよくば自ら最先端に立つつもりでいます。


株式会社アイティーシーの社員の声2
H・K 2019年4月入社(新卒)

大学ではどのようなことを学んでいましたか?

経済情報学部で経営学専攻でした。 主に経済の流れや仕組みを勉強していました。

ITCへの志望動機は何ですか?

最先端のAI技術と既存のソフトウェア開発技術を融合させ、より高い価値を生み出す活動に興味を持ちました。

現在どのような仕事をしていますか?

SAP社のBI製品の開発・保守・運用を行なっています。

技術力に対する取り組みはどのようにしていますか?

PythonやC言語などメジャーな開発言語と比べ、SAP社はABAPという独自言語が採用されています。他の言語と異なり、インターネットで検索しても情報が少ないため、日々トライアンドエラーで問題を解決し技術力を養っています。

研究で学んだことが今の仕事に活きていますか?

私の大学時代の卒業論文は憲法についてです。 このため、研究分野が仕事に直接活きているかというと答えはNOです。 しかし、大学で受けた講義、例えば情報系講座・経済、経営系講座・特に文章講座はそれぞれ今の仕事で活かせていると感じます。

仕事に対する目標を教えてください。

技術力だけでなく人間力を通して、たくさんの仕事を任せていただけるようになることを目標としています。

ITCへ応募を考えている方へメッセージをお願いします。

高校や大学で習ったことは必ず仕事で活きてきます。 あなたの得意なことを一番活かせる仕事は必ずあります。 焦らず慎重かつ冷静に見極めてください。


インタビューの記事はこちらです。


社員教育研修制度

弊社の取り組み
社員研修のレポート

SKILL  -ビッグデータ・AIやITに必要な知識

ビッグデータ・AIやITに必要な知識とは



皆さまからのご応募をお待ちしています。

採用トップへ戻る